ひろのぶと株式会社は、
出版社です。

ひろのぶと株式会社は
印税率で出版業界を変えたい。

日本では今まで、著者印税は本の価格の1割にほぼ固定されていました。

ひろのぶと株式会社はまず、それを倍にするところから始めます。

初版印税2割スタート

さらに累進印税
(ダイナミックプライシング)を導入

初版      印税2割
10万部以上  印税3割
50万部以上  印税4割
100万部以上 印税5割

本を書いて、生活できる社会へ。

ひろのぶと株式会社は
読み手と書き手のフェアな関係を築ける
新しい時代をつくります。

社名 ひろのぶと株式会社
代表取締役 田中 泰延
取締役 加藤 順彦
所在地 〒107ー0062
東京都港区南青山
2ー22ー14
設立日 2020年3月17日


代表取締役社長田中泰延

1969年大阪生まれ。
早稲田大学卒業後、株式会社 電通で
コピーライターとして24年間勤務ののち退職、
2017年から「青年失業家」を名乗り、ライターとして活動を始める。
2019年、初の著書『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)
がAmazon書籍総合一位を獲得、16万部超のベストセラーとなる。
2021年、『会って、話すこと』(ダイヤモンド社)を上梓。

取締役加藤順彦

1967年東京都生まれ。小学2年生から大阪で育つ。
1986年関西学院大学在学中に
学生企業・株式会社リョーマに参画。

1992年広告代理店、有限会社日広(現GMO NIKKO株式会社)創業。
2008年、日広をGMOインターネットに譲渡し、シンガポールに移住。
現在、起業家のハンズオン・フルサポート支援を行っている。
著書に『シンガポールと香港のことがマンガで3時間でわかる本』(アスカビジネス)、『講演録 若者よ、アジアのウミガメとなれ』(ゴマブックス)。

ご出資いただいたみなさま

ひろのぶと株式会社は日本の出版を変えたい、
その思いに賛同する個人投資家および
法人の皆様から資金を受け、設立されました。

個人出資:
大塚雄三
真田哲弥 (KLab株式会社 取締役会長ファウンダー)
倉橋大輔 (株式会社エスエルケイ CEO)
高橋広敏 (パーソルホールディングス株式会社 代表取締役副社長)
玉置真理 (株式会社ザッパラス 代表取締役社⾧兼CEO)
野口卓也 (株式会社バルクオム 代表取締役CEO)
早川由紀夫(株式会社ジョイカルジャパン 代表取締役社長)
岩城肇  (株式会社ジョイカルジャパン 代表取締役副社長)
中村靖弘 (株式会社ジョイカルジャパン 取締役会長)
安宅正晴 (株式会社オノフ 代表取締役)
大野茂  (阪南大学 教授)
岩崎綾  (GMOインターネット株式会社 i4U編集長)
糸井重里 (株式会社ほぼ日 代表取締役 社長)
法人出資:
株式会社たぐち事務所 田口茂樹(株式会社エス・エム・エス 共同創業者)
  • 現時点での資本金
    70,400,000円
    現時点での資本準備金
    69,600,000円
  • 現時点での資本⾦及び資本準備⾦総額
    1億4,000万円

ひろのぶと株式会社は
どんな会社か

ひろのぶと株式会社は上場
(IPO)を目指しません。
会社の売却も目指しません。

ただ、良い書籍を
世の中に送り出したい。

本の「ファン」、
この会社の「ファン」に
なってくださるみなさん「と」
出版物を創り続ける会社です。

社名について

ひろのぶと株式会社の英文表記は
Hironobu & Co.
ひろのぶ・アンド・カンパニー。

代表・ひろのぶと仲間たちという
株主様による組織を目指します。

仲間になってください

2022年5⽉30⽇、
ひろのぶと株式会社は、
株式投資型クラウドファンディングを実施します。

ひろのぶと株式会社は、設⽴の時点から資本主義社会における⺠間企業である株式会社の本来あるべき姿について考えてきました。


それは、株式を発⾏し株主と経営者が協⼒して事業に取り組み、利益が出たときは「配当」というかたちでともに成果を分かち合うということ。


さいわい、弊社には、弊社が掲げる理想に賛同していただいた⼤⼝投資家のみなさまへの株式の発⾏によって資本⾦および資本準備⾦を調達することができました。


これからはじまる事業なのに、
おかげさまで「キャッシュリッチ」の状態です。


「仲間」を募ります。

ですから
今回は資⾦調達が主たる⽬的ではありません。


本を作る、本を売る、本を楽しむ。
その仕事を⽀援する、応援する。
そんな「仲間」を募りたいのです。


株主様の数が増えると、株主業務も⼤変になります。
ご意⾒の取りまとめも⼤変になります。


しかも弊社は「上場を⽬指さない」ことを掲げています。つまり、株式市場での値上がりにご期待いただく、そんな株ではありません。ちょっと変わった株式募集です。


しかしそれでも、ひろのぶと株式会社は⼀緒に出版という事業に取り組む仲間を、株式によって募りたいのです。


それが「コーポレーション」の
本来あるべき姿だからです。

「株式投資型クラウドファンディング」を⾏います。

そのためにいわゆる「クラウドファンディング」の実施ではなく「株式投資型クラウドファンディング」で株式を募集したいと思います。


仲間になってくださる皆さんには、「配当」で報いることのできる業績を⽬指します。


加えてさまざまな特典と、また今後、事業に参画していただけるかたちを考えています。



株式会社FUNDINNO
の投資家登録を。

2022年5⽉30⽇から6⽉3⽇の5⽇間、ひろのぶと株式会社は、株式会社FUNDINNOのご協⼒を得て株式投資型クラウドファンディングを実施します。


おひとりさま1株5万円からおひとりさま最⼤10株50万円を上限として株式の募集を⾏います。今回の募集株式の上限総数は800株となります。


株式投資型クラウドファンディングへの応募には
●株式投資の経験が必要
●取り扱う証券会社の投資家登録が必要
などのハードルがあります。


まずは、株式会社FUNDINNOのホームページにて投資家登録をお済ませください。
FUNDINNOへの登録は無料です。
https://fundinno.com


あたらしい出版の形を⽬指す、
「ひろのぶと仲間たち」になりませんか。

株主優待について

配当を目指し、会社の活動にご参加いただけるような優待サービスを提供

弊社では、まず第一に株主様への配当を目指します。 加えて、株主の皆様のご支援に感謝するとともに、弊社の活動に参加していただけるような形での優待サービスを提供しております。

【対象】全株主様

【優待の基準日】毎年6月末日

株主優待

【特典の内容】

1株〜2株の方 「ひろのぶとオリジナル鉛筆」か「ひろのぶとオリジナルマグカップ」どちらか選べるプレゼント、株主総会後の株主ミーティングへの参加権

3株〜6株の方 上記に加え、弊社新刊本が出た際の著者トークイベント及びサイン会への参加権

7株~9株の方 上記に加え、年2回の「物言う株主・こんな本を作ってほしい大相談会」への参加権

10株以上の方 上記に加え、「ひろのぶと×スナワチ オリジナルレザーブックカバー」のプレゼント



募集概要の詳細はこちらから

3月17日はひろのぶと株式会社
の誕生日です

弊社は3年目を迎え、
いよいよ出版に取り組みます。

出版の概要については、
またこちらのサイト
そして
note
YouTube
Twitter
Instagram
でお知らせします。

みなさんと、本をつくる。
みなさんと、読書体験をつくる。
みなさんと、作家をつくる。
みなさんと、価値をつくる。

これから、ひろのぶと、
つくってください。